注目記事

米国税務アップデート:IRSが税務調査の件数増加を発表。

今月2日(5月2日)に、IRSが、将来の戦略的運営計画(「SOP」Strategic Operation Planの略)を公表し、この計画の中で、税制の執行強化については、税務調査件数の大幅増加を目標にしていることが明らかにされました。  背景としては、2022年8月に、クリーンエネルギーへの投資、財政赤字の削減等を目的とするInflation Reduction Act(「IRA」)が米国議会で

New invoice system in japan 2023

令和6年度定額減税

1回目 定額減税の概要 令和6年度税制改正に伴い、令和6年分所得税、及び個人住民税について定額による特別控除(定額減税)が実施されることとなります。この定額減税に関する事務は多少複雑であり、また、事務処理が一定期間続くことが考えられます。ここでは、3回(今回-制度の概要、2回目-月次減税事務、3回目-年調減税事務)に渡って定額減税の概要や、源泉徴収事務の大まかな内容について解説します。また、ここで

New invoice system in japan 2023

ドイツ税務のアップデート2024年3月

1. 不動産譲渡税に関する不確実性の解消 2. 株主である取締役は社用車の私的利用が前提とされる 3.雇用主からの食事提供に関する2024年度の非現金給付額の決定 4. 両親手当(Elterngeld)の所得制限の引き下げ 連邦財務省

New invoice system in japan 2023

4月から労働条件通知書(雇用契約書)の明示ルールが変わります

対象すべての労働者 明示のタイミング労働契約の締結時と有期労働契約の更新時 新しく追加される明示事項1.就業場所・業務の変更の範囲 有期契約労働者 有期労働契約の締結時と更新時 2.更新上限の有無と内容(通算契約期間または更新回数の上限)+更新上限を新設・短縮しようとする場合、その理由をあらかじめ説明すること 無期転換ルール※に基づく無期転換申込権が発生する契約の更新時 3.無期転換申込機会無期転

New invoice system in japan 2023

移転価格税制ワンポイントアドバイス為替変動と移転価格リスクの関係

移転価格課税リスクを管理するにあたって、独立企業間価格の算定方法にTNMMを選定し、海外子会社の利益率が移転価格税制上妥当な水準であるかを気にかけている企業は多いことと思います。昨今の円安ドル高が続く状況では、特に対米取引について、米国子会社の利益率管理に苦慮している企業様も多いのではないでしょうか。この記事では、為替変動が移転価格に及ぼす影響を解説していきます。

ドイツ税務のアップデート2024年1月

1. 電子インボイスの義務化に関する動向 2. 2024年1月1日からVATは再び19%に 3. 社用車の私的使用手当:計算方法を変えれば節税できる 4. 2024年1月1日からの年収基準引き上げに伴う健康保険加入義務の見直し 5. 少額減価償却資産 6.ドイツ所得税法第 7. 条に基づく特別償却限度額の引き上げ

New invoice system in japan 2023

図解でわかる電子帳簿保存法(2024 以降対応)

皆様ご存じのように、電子帳簿保存法(以下“電帳法”)は、当初2022年1月から適用の予定でした。しかしながら、その適用開始が2024年1月に延期される一方で、度重なる改正で何が必須で何が緩和されたのか、その全体像が分かりにくくなっているのが実情です。今回は、電帳法の中でも電子取引に焦点を当てて図解いたします。 各種税務・会計関連資料と電帳法の全体的な関係は以下のように要約できます。 上記の図でお分

New invoice system in japan 2023

ドイツ税務のアップデート2023年11月

1.電気自動車を社用車として使用した場合の減税枠の拡大(2024年以降) 2. 社用車に係る非現金給付のBFH判決 3. 有限会社の重要な持分の売却による損失 4. GmbH の破産に関するBFHの判決 5. 合計通知書による社会保険料の後払いに関する所得税上の取り扱い 成長機会法の一部としてすでに提示された法改正に加え、ドイツ政府は社用車の課税についてさらなる減税を計画しています。&

New invoice system in japan 2023

米国会計基準アップデート – 信用損失の新基準CECL:非金融機関、非公開企業への影響と対策

1. CECLの概要 2016年、米国財務会計基準審議会(FASB)は、金融資産(預金、受取手形、売掛金、貸付金、等)の減損の認識に関連して、(予想損失モデル(Current Expected Credit Loss – CECL)に関する新しい基準(ASU 2016-13)を公表しました(FASBから正式に米国会計基準についての改訂等があった場合には、Accounting Stand