注目記事

R4年税制改正大綱と電子取引

2021年12月10日に、R4年税制改正大綱が発表されました。 この中において、かねてご案内申し上げているように、2022年1月1日からの施行が予定されていた、 電子取引に係る電磁的記録保存の法改正(いわゆる電帳法)の施行時期等につき、 以下のような宥恕措置の適用が認められる見込みとなりました。

「電子帳簿保存法」に関するご案内

平素より格別なご高配をいただき、誠に有難うございます。
令和3年度の税制改正において、「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等 の特例に関する法律(平成10年法律第25号。以下「電子帳簿保存法」といいます。)」の改正等が行われ、帳簿書類を電子的に保存する際の手続等について抜本的な見直しがなされ、令和4年1月1日からこれが施行される事になりました。

日本型インボイス制度の導入と適格請求書発行事業者

日本型インボイス制度とは? 2023年10月から適格請求書等保存方式(=日本型インボイス制度)が導入されます。 インボイス制度においては「適格請求書(=インボイス)」等の保存がなくては、消費税申告書の作成上、仕入税額控除を行うことができない為、消費税納税額の増額が見込まれます。

Transfer Pricing in Japan - An Overview Hero Image

日本における移転価格-概要

移転価格は、多国籍企業グループ(Multinational Enterprise Group)内での取引の条件や価格を決定するための、国際税務・会計の一分野です。その結果、異なる国や地域の税務管轄にまたがる関連会社に利益が配分されることになります。 独立企業間価格の設定においては、商品は購入者または販売者による価格操作や価格の歪みがないように市場価格で評価され、独立企業原則(アームズ・レングス)に

国際税務に経験豊富な会計専門家-日本への市場進出をどうサポートしてくれるのか

グローバルに展開している企業は日本と本国で事業活動をおこないながら、それぞれの国で税法を遵守し、必要な報告要件を満たす事を求められます。その為、社内の財務部門で全てを捌き切れないケースが大半です。 日本の税法は常に複雑化していますし、進出して間もない企業は一から税法を学ばなければいけません。会社が複数国でビジネス展開をしている場合、会計・税務を処理するための追加人員やシステム等のリソースが必要にな

なぜ税務アドバイスが必要なのか?

過去10年間、日本は多国籍企業による租税回避に対して様々な措置をとって来ました。特にグローバル企業に対する監視は年々厳しくなってきていますので、税務に関して十分な注意を払い、相当な配慮を行うことが必要です。 又、日本だけではなく各国も同様に、現在の貿易政策や外交政策に基づき独自の政策を掲げています。様々な状況により政策の更新が頻繫にあり、税務環境は国際的に目まぐるしく変化している中、企業は自国と日

日本市場への参入とその進出形態

競争力のある製品、ソリューション、サービス、優れた顧客サポート、そして綿密に計画された戦略を持ち合わせていれば、日本市場での成功を大いに望めます。 又、日本進出の費用、経路、ロジスティクスなどを念頭に置いて進める事によって、想定より早く市場進出を成功へ導く事も可能です。しかしながら、海外企業が参入しづらいと言われる日本市場でいち早く成果を出すのは非常に難しいのも事実です。その為、どのような企業形態

緊急事態宣言の延長に伴う対応に関するお知らせ

5月4日に発令された政府による緊急事態宣言の延長に伴い、HLSグローバルでは4月8日に公示した今後の対応策につきまして、緊急事態宣言の延長期限となる5月31日まで延長することを決定いたしました。皆様には多大なご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

緊急事態宣言発令に伴う対応に関するお知らせ

4月7日に発令された政府による緊急事態宣言に伴い、HLSグローバルでは感染の拡大防止とクライアントの皆様並びにHLS社員の安全確保のため、下記の措置を講じることを決定いたしました。皆様には多大なご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

注目記事

HLSの専門家が定期発信する記事です。日本進出や国際税務、会計、移転価格をはじめ、グローバル・ビジネスに携わる皆様のお役に立つ情報をわかりやすく解説しています。