過去10年間、日本は多国籍企業による租税回避に対して様々な措置をとって来ました。特にグローバル企業に対する監視は年々厳しくなってきていますので、税務に関して十分な注意を払い、相当な配慮を行うことが必要です。

又、日本だけではなく各国も同様に、現在の貿易政策や外交政策に基づき独自の政策を掲げています。様々な状況により政策の更新が頻繫にあり、税務環境は国際的に目まぐるしく変化している中、企業は自国と日本、両方の複雑な課税要件を履行しなければいけません。

税務に関する問題は、事業拡大や日本市場への参入活動を成功させるのに避けては通れません。貴社の負担を減らす為にも、税務アドバイザーの助けを借りることをお勧めします。この記事では、税務アドバイザーの役割と、貴社に合った税務アドバイザーの選び方について説明します。