注目記事

国際税務セミナー

「日米の税制改正に伴う日系企業が受ける影響及び実務対策」を開催 この度、米国に子会社を有する日本企業あるいは今後米国への進出を検討する日本企業の税務・海外事業ご担当者様を対象に、税理士法人HLSグローバル及びHotta Liesenberg Saito LLP の主催による、「米国の税制改正に伴う日系企業が受ける影響及び実務対策」セミナーを開催させて頂きました。  

米国新税制の影響 ― Tax Cuts and Jobs Act

2017年12月22日にトランプ大統領によって米国税制改正法案が署名されました。これにより様々な税法改正が法人税務、個人税務、国際税務等の分野で実施されます。下記ではその改正案からいくつかの項目を抜粋しております。概要のみを述べるに留めておりますので、詳細が必要な場合は当事務所までお問合せください。新法ではおもに2018年1月1日以降に始まる年度から適用されます。

給与所得から差し引かれる源泉所得税

毎月の給与 国税庁が作成する「給与所得の源泉徴収税額表」を使用して、毎月、税額計算を行うことができます。この税額表には、甲、乙、丙の3種類があります。

注目記事

HLSの専門家が定期発信する記事です。日本進出や国際税務、会計、移転価格をはじめ、グローバル・ビジネスに携わる皆様のお役に立つ情報をわかりやすく解説しています。